qrcode
暮らしのよりどころ

 

来る12/23(土)24(日)に《西ノ京の家》のオープンハウスをおこないます。

新しい住まいへ引越しする際、庭で育てていたレモンの木も一緒に引っ越してきたお話しを前回のブログで書きましたが、そういえば、主自らデザインしたノセ設計室のロゴマークは、「住まいと植物」がデザインされています。

気づけば植物が暮らしのよりどころの一つとなっているノセ家。

植物に関しては素人ですが、家がモノとは違う生き物であるという考えは共通したものがあるのではと思います。

 

私たちが、まだまだ完成形ではないこの家と暮らす様子を、覗きにいらしてください。※事前予約下さい。

目印はバケツで思い切って水をぶっかけたような、玄関壁のモルタルコテ押え。(笑 このコテむらが、個人的に最近ジワジワきています。

 

 

★ダイニングソファを製作頂いた「革工房GYPSY」さん http://www.gypsy-works.com/ と、トイレの手洗いボールを製作頂いた糸井康博さん http://www.itoiyasuhiro.com/ による展示、販売もとても楽しみです!!

 

---------

《西ノ京の家》オープンハウス

■日時

2017.12/23(土)、12/24(日)10:00−17:00 *24日は16:00まで

すでに居住中の小さな建物のため、予約制とさせて頂きます。

お名前、電話番号、お越し頂く大体の日時を明記の上、ノセ設計室までメールもしくはお電話でお申し込みください。

HPのお問合せフォームからでも結構です。

■建物の特徴

京都特有のうなぎの寝床の敷地に建つ、間口2間、2.5層の現代版町家です。構造としては在来軸組工法ですが、一部余力として木質ラーメンフレームを採用し、断熱性能は平成28年の外皮性能基準をクリアしています。床には無垢の杉板に低温式床暖房を採用していますので、ぜひその暖かさを体感しに来てください。

 

ノセ設計室 

E-mail:info@a-nose.com

電話:075-812-2027

 

―――

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 18:10 | comments(0) | - |
レモンもお引越し


家族みんな、前の家においてきたレモンの木が、ずっと気になっていました。素人作業で運んで来て、うまく根付かなかったらどうしようと、一緒に引越しするのをためらっていました。

「一か八か運んできたらいいですやん。うまくいかんかったら、その時で。」
という、いつもお世話になっている方の気楽な一言で決意した私達。

お隣までニョキニョキ伸びていた根を、ちかっぱ引き抜き強行突破。



まだ、青さが残るレモンを早めに収穫。



レモンカードDIY。黄色の絵の具みたい。



少しレモンの引越しが遅れましたが、無事家族が揃ったような気分になりました。この家でも、力強く生き抜いてくれますように。






| - | 13:31 | comments(0) | - |
家と暮らす

 

新しい家は、全く完成形ではありませんでした。

造りつづけながら暮らしていくつもりなんだなぁ、きっと。

 

家族の気配を感じる安心感があり、そして外とのつながりを感じる家です。

 

先日、両親と兄弟へお披露目しました。

散らかっていても許していただけるのは家族。

 

この家と暮らしていく”住まうことの実体験”がはじまります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 22:03 | comments(0) | - |
いよいよ引越し

 

 

「西ノ京の家」と名前がついている新居へは、いよいよ今月末に引っ越し予定となりました。ここ1か月の週末は、DIY祭りで全身筋肉痛です。

 

住みながら造っていく箇所がいっぱいのようで、随所に曖昧さをのこしたのは建築士ノセさんの企みなのか、ただの偶然なのかは確認していません。

のんびりとした光が入り、風が流れる家となっているような気がします。

まだ、住んでいないので何とも言えないのですが。

 

今の町家を手放す寂しさと引っ越しの忙しさ、嬉しさで、

月末は混沌としていることでしょう。

 

床塗り途中、出窓で寝ころびひと休み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 12:25 | comments(0) | - |
海キャンプ

 

 

「ゲームがない家は、クラスで俺んちだけや。車ないのも、エアコンないのも、うちだけや。」と、息子に言われた。なんでないの?と友達に聞かれたとき、「うちは、eco家族やねん。」と答えることにしていると。

そうなんや〜。

 

新築中の「西ノ京の家」を見学に。

自分の部屋となるところへ足を踏み入れる。



「新しい家にエアコンつけるのは、1年間生活してみてからでいいんじゃない?」と娘が提案してきた。

いいえ、最初からつけますよ。

つけないでスタートすると、そのまま無し崩しになることを重々知っておりますから。

恐るべしeco家族。

さて、本題。



京丹後市へキャンプに出かけた。

ここ数年、砂方海水浴場が定番となっている。





「はらっても、はらっても付いてくる砂がうっとおしいけれど、家に帰ってくるころには懐かしくなるから不思議だ。また行きたい。」と息子が日記に書いたのは2年前か。

今年は日記のことなど忘れて、「砂がいやや。車中泊する。」と真剣に何度も訴えていた。来年は一緒に行くだろうか?多分、釣りをしたいから行くんだろうな。

早朝から釣れたサイズ大きめのガシラは、予想をはるか超えた美味しさだった。

帰りのクーラーボックスの中身が氷と魚だけになるのが理想とか。
 

iPhoneImage.png

 

 

 




 

 

| - | 12:34 | comments(2) | - |
梅雨の梅ジュース


6月のはじめに、恒例梅シロップを仕込みました。

暑い夏に炭酸で割ってゴクゴク飲むのは最高です。エアコンのないノセ家の暑気払いにピッタリの飲み物として、毎年愛されています。



7月に入って早速家族で乾杯しました。


エアコンのないノセ家の夏。なんと、今年が最後です。

「あつい、あつい、言うな!」と家族で言い合うのも最後かと。

なんだか寂しいような、名残り惜しいような。いえいえ、そんなことありません。

この暑さを楽しもう!なんて今までになかった発想をしているのは、最後とわかっている余裕からでしょうね。

おばあさんになっても、梅シロップは作り続けたいと思っています。








| - | 22:15 | comments(0) | - |
レモンの挿し木


庭のレモンの木。
夏の引越し前に最後の花をたくさんつけました。結果、今年も実りそうな気配です。

12年前に、息子の誕生記念に植えました。当時の様子の写真がブログに残っていました。こんなに小さかったのねー。




夏の引越しに向けて、挿し木にチャレンジ。次の家で育てるために。
住居の場所が変わっても引き継ぎたいものというのは、色々で、家族の思いはそれぞれ。ただ、思い出は残したいという思いは同じ。

挿し木、うまくいくといいのですが。



| - | 18:24 | comments(2) | - |
<< | 2/136PAGES | >>