qrcode
レモンもお引越し


家族みんな、前の家においてきたレモンの木が、ずっと気になっていました。素人作業で運んで来て、うまく根付かなかったらどうしようと、一緒に引越しするのをためらっていました。

「一か八か運んできたらいいですやん。うまくいかんかったら、その時で。」
という、いつもお世話になっている方の気楽な一言で決意した私達。

お隣までニョキニョキ伸びていた根を、ちかっぱ引き抜き強行突破。



まだ、青さが残るレモンを早めに収穫。



レモンカードDIY。黄色の絵の具みたい。



少しレモンの引越しが遅れましたが、無事家族が揃ったような気分になりました。この家でも、力強く生き抜いてくれますように。






| - | 13:31 | comments(0) | - |
家と暮らす

 

新しい家は、全く完成形ではありませんでした。

造りつづけながら暮らしていくつもりなんだなぁ、きっと。

 

家族の気配を感じる安心感があり、そして外とのつながりを感じる家です。

 

先日、両親と兄弟へお披露目しました。

散らかっていても許していただけるのは家族。

 

この家と暮らしていく”住まうことの実体験”がはじまります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 22:03 | comments(0) | - |
いよいよ引越し

 

 

「西ノ京の家」と名前がついている新居へは、いよいよ今月末に引っ越し予定となりました。ここ1か月の週末は、DIY祭りで全身筋肉痛です。

 

住みながら造っていく箇所がいっぱいのようで、随所に曖昧さをのこしたのは建築士ノセさんの企みなのか、ただの偶然なのかは確認していません。

のんびりとした光が入り、風が流れる家となっているような気がします。

まだ、住んでいないので何とも言えないのですが。

 

今の町家を手放す寂しさと引っ越しの忙しさ、嬉しさで、

月末は混沌としていることでしょう。

 

床塗り途中、出窓で寝ころびひと休み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 12:25 | comments(0) | - |
海キャンプ

 

 

「ゲームがない家は、クラスで俺んちだけや。車ないのも、エアコンないのも、うちだけや。」と、息子に言われた。なんでないの?と友達に聞かれたとき、「うちは、eco家族やねん。」と答えることにしていると。

そうなんや〜。

 

新築中の「西ノ京の家」を見学に。

自分の部屋となるところへ足を踏み入れる。



「新しい家にエアコンつけるのは、1年間生活してみてからでいいんじゃない?」と娘が提案してきた。

いいえ、最初からつけますよ。

つけないでスタートすると、そのまま無し崩しになることを重々知っておりますから。

恐るべしeco家族。

さて、本題。



京丹後市へキャンプに出かけた。

ここ数年、砂方海水浴場が定番となっている。





「はらっても、はらっても付いてくる砂がうっとおしいけれど、家に帰ってくるころには懐かしくなるから不思議だ。また行きたい。」と息子が日記に書いたのは2年前か。

今年は日記のことなど忘れて、「砂がいやや。車中泊する。」と真剣に何度も訴えていた。来年は一緒に行くだろうか?多分、釣りをしたいから行くんだろうな。

早朝から釣れたサイズ大きめのガシラは、予想をはるか超えた美味しさだった。

帰りのクーラーボックスの中身が氷と魚だけになるのが理想とか。
 

iPhoneImage.png

 

 

 




 

 

| - | 12:34 | comments(0) | - |
梅雨の梅ジュース


6月のはじめに、恒例梅シロップを仕込みました。

暑い夏に炭酸で割ってゴクゴク飲むのは最高です。エアコンのないノセ家の暑気払いにピッタリの飲み物として、毎年愛されています。



7月に入って早速家族で乾杯しました。


エアコンのないノセ家の夏。なんと、今年が最後です。

「あつい、あつい、言うな!」と家族で言い合うのも最後かと。

なんだか寂しいような、名残り惜しいような。いえいえ、そんなことありません。

この暑さを楽しもう!なんて今までになかった発想をしているのは、最後とわかっている余裕からでしょうね。

おばあさんになっても、梅シロップは作り続けたいと思っています。








| - | 22:15 | comments(0) | - |
レモンの挿し木


庭のレモンの木。
夏の引越し前に最後の花をたくさんつけました。結果、今年も実りそうな気配です。

12年前に、息子の誕生記念に植えました。当時の様子の写真がブログに残っていました。こんなに小さかったのねー。




夏の引越しに向けて、挿し木にチャレンジ。次の家で育てるために。
住居の場所が変わっても引き継ぎたいものというのは、色々で、家族の思いはそれぞれ。ただ、思い出は残したいという思いは同じ。

挿し木、うまくいくといいのですが。



| - | 18:24 | comments(2) | - |
ワークショップ

春の西院フェスにてワークショップをやったノセ設計室です。



そもそもワークショップの目的や意義って何だ?みたいな話を何度も大学の職場で耳にしている私は、今回の目的はノセ設計室の存在を知っていただく事だなと、ワークショップがはじまってから解釈しました。
準備は全て夫がやっていましたので、当日荷物運びからの参加です。



木造建築を主とした仕事をしているので、使う材料は端材。今回はoguma LLCさんの協力のもと家具製作の際の端材を頂きました。仕上げに塗る油も、自然塗料のくるみ油とえごま油。自然素材にこだわる設計室です。

板は20枚弱しか準備していません。
多くの人に知っていただくというより、的を絞ってワークショップをしながらじっくりお話しする手法。



当日その場で即興に書いた、ダンボールの看板も正解でした。完璧に準備されていない、形にはまらないワークショップが今回の会場の雰囲気とも合っていました。

我が子のお客様への声かけが絶妙で、子どもの話なのでお客様も構えず説明を聞いて下さいました。

あー楽しかった、だけで終わらないワークショップ。色々収穫の多い一日でした。ご参加頂いた14組の皆さま、また何処かでお会いできますよう。


| - | 09:49 | comments(0) | - |
| 1/134PAGES | >>